ロードクルーズ 横浜都筑インター店

インタビュー

ロードクルーズ 横浜都筑インター店

本業を活かした室内清掃のクオリティに自信があります

神奈川県横浜市
ロードクルーズ 横浜都筑インター店

運営:株式会社ウォシュビル
代表取締役 森井 隆夫

平成14年、神奈川・東京を営業エリアにハウスクリーニング会社を設立。自身のキャンピングカー利用体験とアウトドア好きが高じて平成24年にレンタルキャンピングカー事業をはじめる。現在車両保有台数3台、さらにこの夏1台増車が決まっておりより多くのユーザーにキャンピングカーの利用シーンを提案している。

日本にもっとキャンピングカー文化を広げたいと思いました

キャンピングカーのレンタルを始めたきっかけを教えてください。

10年ほど前に、妻と二人でニュージーランドの南島に旅行に行ったときにキャンピングカーをレンタルしました。もともとバイクにテントを積んでどこでも出かけてしまうようなアウトドア好きなのですが、10日間のニュージーランド キャンピングカー旅行は素晴らしく、なぜ日本ではキャンピングカーに乗る人が少ないのだろう。と真剣に考えてしまいました。

それほどニュージーランドのキャンピングカー体験は印象に残ったのですね。具体的にはどのようなことが良かったのでしょうか?

まず、ニュージーランドはキャンピングカー文化が進んでいて、旅先の各町には必ずといっていいほどキャンピングカー用のキャンプサイトがあり、大変便利に使えました。またレンタルも充実していて、大きなレンタル会社では何十台ものキャンピングカーをレンタルしています。このようにキャンピングカーを快適に利用できる環境が整っていることに感動しました。

ニュージーランドの経験がきっかけで、キャンピングカーのレンタルを始めようと思われたのですね。

はい。ニュージーランドと違い気候や道路事情も異なりますが、日本のキャンピングカー利用は春と夏に集中しています。冬場はスキーでの利用なども紹介していますが、まだまだ認知されていません。もっとキャンピングカーを身近に感じてほしい、使ってほしいと思い、レンタル事業を始めることにしました。

日本の道路でも、初めて乗る人が走りやすい車を選びました

現在の車種や装備はどのようにして決めましたか?

キャンピングカーのレンタルを始めるうえで、中古車両にするか新車にするか迷いましたが、最終的に新車を購入することにしました。1台目はマッシュ(ナッツ製)そのあと軽キャンパーのテントむし(バンショップミカミ製)、アミティ(AtoZ製)を新車で購入しましたが、全車両「初めて乗る人でも走りやすい車」をコンセプトに選びました。初めて購入したマッシュについては2年ほど自分で走ってみて、これなら問題ないと思い、レンタルを開始しました。テントむしは軽自動車ですが、当時軽キャンピングカーのレンタルがなかったので購入を決めました。

マッシュ
軽キャンパーのテントむし

装備についてはどうですか?

キャンピングカーを利用するときに必要なものは基本的に装備しました。キャンプに不可欠なサイドオーニング(日差しや雨を防ぐ屋根のようなもの)は全車に装備しています。またベッドを気持ちよく使っていただけるようにシーツを無料で貸出しています。その他のアウトドア用品については有料で貸出しをしています。

バンクヘッド(展開前)ーマッシュ

初めての方に安心して利用していただけるよう丁寧に説明します

ロードクルーズの特長を教えてください。

当社はハウスクリーニングが本業なので、室内清掃のクオリティには自信があります。また、初めての方には貸出し時にベッドの展開の仕方など装備の使い方や、ガソリンの入れ方に至るまで十分な時間をかけて説明しています。また利用中に何かわからないことがあった場合は、24時間体制で電話対応しています。

ホームページ上で運転が不安な方には住宅街の同乗運転をサービスされていますが。

いままで利用者はいないですね。当社の車両はそれほど大きくはないので。車両の高さにだけ気をつけていただければ運転には問題ないですよ。もちろん希望するお客様には同乗運転サービスいたします。

キャンピングカーのレンタルで注意している点を教えてください。

まず、きれいな状態でお渡しすることですね。先ほど当社の特長でお話ししましたが、室内清掃には自信があります。あとは、利用中に故障などしないよう車両整備をきちんと行うことを心がけています。特に車体の重いキャンピングカーで気をつけなければいけないのはタイヤの空気圧ですね。せっかくレンタルしたキャンピングカーですから、良い思い出を作っていただきたいので。また事故などで費用の負担がなくなるよう免責補償制度(CDW)への加入をおすすめしいています。

撮影の控室にはロケバスより安いレンタルキャンピングカーを

レンタルされる方はどのような方が多いですか?

やはりファミリーが多いですね。乗車・就寝ともに大人数で利用できるので、3世代(親・子・孫)でレンタルする方もいらっしゃいます。その他はシルバー層、社会人の友人同士などの利用が中心です。また、購入を検討していてレンタルをされる方もいらっしゃいます。

広々とした車内

どのくらいの期間レンタルされるのですか?

平均で3日間ぐらいでしょうか。1泊2日利用の方から5日間利用する方まで用途によって期間はそれぞれです。行き先としては近場で伊豆方面、遠くまで行かれる方は大阪や北海道まで走りますね。レンタル場所が東名高速へアクセスしやすいところにあるので西のほうへ旅行される方が多いです。

おもしろい利用方法をされた方はいらっしゃいますか?

グラビア撮影の控室に使用するといってレンタルしたお客様がいました。ロケバスを手配するよりも安くて、室内も広いということでよろこばれていました。撮影は季節を先取りすることが多いので、冷暖房完備、仮眠もできるキャンピングカーはロケバスとしての利用は最適です。

レンタルキャンピングカーを気軽に使っていただくための組織づくりを

これからキャンピングカーを使いたいという方にアドバイスをお願いします。

いままで経験したことのない旅ができる、これが一番のおすすめポイントです。自分の経験をもとにおすすめしているので間違いありません。キャンピングカーをレンタルで気軽に使ってもらいただけるように、当社もサービス向上に努めていきたいと思っています。

今後取り組んでいきたいことを教えてください。

当社のようなレンタル会社は大手キャンピングカービルダーなどと違って規模も小さく、同業者間のつながりもありません。サービス向上のためにも事業者協会のようなものを立ち上げて、業界のネットワークを作っていきたいです。またキャンピングカーそのものの認知向上のために、できる限りの宣伝活動をおこなっていく予定です。

今後について語る森井社長

インタビュー後記

キャンピングカーをもっと多くの人に使ってもらいたいという森井社長の思いがよく伝わってくるインタビューでした。事業者協会の設立構想など、精力的に取り組んでいる姿を拝見し、当サイトにおいてもできる限りお手伝いをしていきたいと思いました。また新たな利用方法などを提案することで、オフシーズンの活性化につながることを期待したいです。

インタビュー