1. レンタルキャンピングカーネット
  2. キャンピングカーを借りてみた
  3. キャンピングカーレンタル専用車に乗ってみた

キャンピングカーレンタル専用車に乗ってみた
マクレント コンフォートスタンダード

ドイツ生まれのキャンピングカーレンタル会社McRent(マクレント)にはレンタル専用に開発されたキャブコン コンフォートスタンダードがあります。今回はコンフォートスタンダードをマクレント 平塚ステーションで借りて中伊豆ワイナリーヒルズを目指しました。

キャンピングカーレンタル専用車コンフォートスタンダードとは

まずクルマを見てみましょう。

【室内】

キャビンへの乗り込みは後ろから行う後方エントランス。これはリビングを広々とることが出来るメリットがあります。実際に乗った印象も室内が広い!乗車定員6人で、このリビングなら6人でワイワイやるのに楽しそう。高さもあり、丁度いい空間に出来上がっています。

コンフォートスタンダードはキャンピングカーがはじめての人でも使いやすい工夫が随所にされています。注目はベッド展開の簡単さと広々ベッド

土台を引き出して、マットで埋めるだけ。これでフルフラットのベッドが出現します。
バンクベットに3人、メインベットに3人就寝出来ます。

キッチンには冷蔵庫と電子レンジを備えます。電子レンジは外部電源を継げたときに使用可。

【走行】

このクルマを製造しているのはトラキャンで有名なミスティック。トラキャンとはトラックにキャンパー部分のシェルを積んだキャンピングカー。シェルはアルミで作ります。
走り出した印象は軽いという感じ。キャブコン特有の重さを感じないのは、シェル部分のアルミによる軽量化とシンプルな装備が貢献しているようです。
クルマの幅は189cm。横への張り出しも押さえられているので、乗用車感覚で普通に運転出来ます。
ブレーキも車重を感じさせる感じがなく、普通に効きます。

コンフォートスタンダード諸元

ベース車両:TOYOTA ライトエーストラック
エンジン:ガソリン1.495L
車体寸法:全長4,800mm/全幅1,890mm/全高2,700mm
定員:乗車定員6名/就寝定員6名

伊豆へ向かって出発

運転席に乗り込むと見慣れない装置があります。これはモービルアイ。衝突防止と車線の逸脱を警告音で知らせます。

平塚を10時過ぎに出発して熱海へはお昼前に到着。街中の駐車場へ入れるのもコンパクトなボディで気になりません。

熱海は美味しいお店の宝庫です。行列の出来るわんたんやさんで昼食をとりました。

熱海を出発後、道の駅伊東マリンタウンへ寄り道します。ここは伊豆の旅の休憩地として賑わっています。駐車場も広く、キャンピングカーが何台か停まっています。

中伊豆ワイナリーヒルズへ

伊東方面からは山道を登って今夜のレストラン&車中泊地 中伊豆ワイナリーヒルズへ向かいます。中伊豆ワイナリーヒルズはワイナリーガイドツアーや乗馬、ワインの試飲、ワインショップもあり楽しめる施設です。 目指す中伊豆ワイナリーシャトーT.Sの少し手前にホテルワイナリーヒル(縄文之御神湯)があり、ここで温泉につかれます。

車中泊の味方 くるま旅クラブ法人会員とは

今回キャンピングカーを借りたマクレントではくるま旅クラブの法人会員になっており、レンタルした人はくるま旅クラブの特典が使えます
くるま旅クラブの会員であればキャンピングカーで車中泊出来る施設があります。日帰り温泉の駐車場に泊まる湯パークやレストランの駐車場に泊まるぐるめパークなどがあり、今回はレストランメインのぐるめパークに泊まります。利用料金は1台2,000円程度別途必要になります。

ぐるめパークの魅力

中伊豆ワイナリー Chateau T.S(シャトーティー・エス)はレストランも充実しています。シャトー4階のレストラン ナパ・バレーやテイクアウトメニューもあるステーキハウスがあります。今回は4階から目の前に広がるぶどう畑を見ながら食事をしました。

ぐるめパークの魅力は、美味しい食事をとりながら運転手もお酒が飲めること。ワイナリーでワインを飲んだあとキャンピングカーで寝れるのは最高です。

中伊豆ワイナリー Chateau T.S(シャトーティー・エス)

住所:静岡県伊豆市下白岩(しもしらいわ)1433-27
TEL:0558-83-5111
ホームページ:http://www.shidax.co.jp/winery/

*屋外のトイレは現在電気がつかないので、懐中電灯は必携でした。

朝の散歩はワイナリーのぶどう畑

キャンピングカーでの目覚めは快適です。朝起きるとぶどう畑が一面に広がっている光景は快適さが倍増します。
そしてワイナリーのぶどう畑のまわりを散歩出来るのは大変気持ちいい体験です。

沼津漁港へ立ち寄って帰路へ

ぶどう畑を散歩して、朝早くから開いている中伊豆ワイナリーのおみやげ店をみて出発。
近くにある伊豆牛で人気な精肉店で今晩のおかずを購入。冷蔵庫があるので、要冷蔵のお土産も気がねなく買えます。

昼食は沼津港の食堂街で食べて、その後沼津インターから東名高速でマクレントへ向かいました。

お薦めのコース

マクレント平塚ステーションからは中伊豆ワイナリーヒルズまでは海側を通って80km程。この距離ですと伊豆をいろいろ観光する時間が十分とれます。
観光で遅くなってもぐるめパークなら自分で食事の用意をしなくても大丈夫。食べて飲んで、キャンピングカーの中で眠れます。
家族や仲間と一緒にワイワイ旅を楽しみながら、中伊豆ワイナリーヒルズへ向かうのはお薦めのコースです。



Rental RV in Japan Go to English Site

レンタルキャンピングカーネットfacebook

キャンピングカースタイル