1. レンタルキャンピングカーネット
  2. キャンピングカーを借りてみた
  3. 軽快なキャブコンで初秋の秩父RVパーク1泊2日の旅

軽快なキャブコンで初秋の秩父RVパーク1泊2日の旅
ミスティック レジストロアウル

コンパクトながらしっかりもののレジストロアウル

横浜みなとみらいに隣接している、モービルオートキャンピングカーレンタル横浜店でレジストロアウルを借りて、埼玉秩父エリアを巡り、新しいRVパークに宿泊を目的に旅しました。

自動車のプロが手掛ける安心のキャンピングカーレンタル

カワイイと人気のレジストロアウルカワイイと人気のレジストロアウル

リアにある物入は外からアクセス出来るので便利リアにある物入は外からアクセス出来るので便利

レンタルをしたお店は、新旧の港横浜を感じるエリアに自動車整備工場とレンタル店を構えるモービルオートです。プロの整備士が多くいる事は、安心してレンタル出来る事につながると思いました。乗ってきたクルマも整備工場内で保管してもらいこちらも安心してお任せ出来ました。

レジストロアウルはカワイイなりして、しっかりものです

一般車の駐車スペースでも余裕一般車の駐車スペースでも余裕

レンタルしたレジスロアウルは、トヨタライトエースベースのライトキャブコンキャブコンです。見た目はインスタ映えする愛嬌あるスタイルです。走行性能ではキャブコンを感じさせない、ノーマルのワンボックスを運転している感覚です。高さは2.6Mありますが、走行時には気楽に運転が出来ます。高速道路、一般道含めて横風の影響を大きく受けることなく、安定した走行が得られます。加速では、1.5Lのエンジンに架装したボディーは物足りなさがありますが、意識的にO/Dのオン、オフを使う事で、ドライバーの意志に沿った走りが出来ます。これは山道の下りでも同様にエンジンブレーキを段階的に使い、フットブレーキの使用を軽減しながら快適に走る事が出来る点は本当にしっかりとしている印象を受けました。

秩父到着後は即味噌豚丼店へ向かいます

味噌豚丼「野坂」の行列と一緒に味噌豚丼「野坂」の行列と一緒に

名物味噌豚丼はボリューム満点名物味噌豚丼はボリューム満点

高速道路、有料道路を乗り継いで秩父の中心街に到着しました。秩父名物といえば、なんと言っても味噌豚丼の「野坂」です。お店の駐車場は他県ナンバーのクルマとバイクで埋まっています。14:30頃でも10人強が並んで待っています。並んでも食べたい丼だけに期待しつつ列に並びます。丼なので回転も早く、10分も掛からず着席出来ました。出てきた味噌豚丼は、圧倒的なボリュームと味噌味に大満足です。腹持ちもよく夕食までおやつなしで充分です。

秩父中心街から遠方にある三峰神社へお参り

鳥居が3つの独特の構えの三峰神社鳥居が3つの独特の構えの三峰神社

三峰神社本殿は雲が立ち込めるパワースポット三峰神社本殿は雲が立ち込めるパワースポット

御朱印と「気」のお守り御朱印と「気」のお守り

写真中央の三角のピークが東京都最高峰雲取山写真中央の三角のピークが東京都最高峰雲取山

秩父中心街から約36Km離れた三峰神社へ参拝のため、レジストロアウルは山道を登って行きます。標高1,100Mにあるパワースポットの三峰神社はかつて白いお守りが有名で、夜の23:00頃から駐車場渋滞があったと聞いていましたが、今はそのお守りがなくなった事で渋滞もなくなった様です。16:00過ぎに到着したとき、あたりには雲が立ち込めてきていて空気が違います。入口の鳥居も珍しい3つの門構えです。お参り後に御朱印を頂き駐車場に戻ったら、山並みの雲が晴れだし三峰由来の三山が見えました。写真の真ん中のピークが、東京都最高峰の雲取山です。標高は2,000Mを超える高さです。いつかは行きたい!

新たにRVパークを開設したホテルのヘリテイジ美の山へ

新設したRVパークヘリテイジ美の山入口新設したRVパークヘリテイジ美の山入口

ホテルヘリテイジ美の山本館入口ホテルヘリテイジ美の山本館入口

RVパークの全景。既に4台が駐車RVパークの全景。既に4台が駐車

三峰神社から約50Km強の移動となりますが、秩父中心部を超えて皆野にあるホテルヘリテイジ美の山を目指します。元々ホテルの施設であったテニスコートをRVパークとして活用したため、駐車台数は20台と関東でも屈指の収容台数です。また、1台当たりのスペースも、6M×10Mなので大型キャンピングカーやトレーラーも安心して車中泊が出来ます。

チェックイン後は電源確保して、温泉へ!

外部電源を確保外部電源を確保

チェックイン後にエアコンを使うことを想定して電源確保します。冷蔵庫やエアコンなど各種電気設備の準備が完了し、温泉に向かいます。ホテルではRVパークなどの新しいジャンルのお客様に向けて外履きの収納スペースが用意されています。RVパークを開始した事で新しいお客様への対応もぬかりありません。RVパーク専用に用意された外部のお手洗いは、ホテルの部屋のお手洗いと同等以上の清潔さに驚きです。外灯の設置やお手洗いの清潔さは女性も安心して利用が出来ます。

広くておしゃれな山小屋(車内)で熟睡

車内でビールと温かい飲み物でくつろぎます。換気には注意車内でビールと温かい飲み物でくつろぎます。換気には注意

ベッド展開後の車内ベッド展開後の車内

風呂上がりの後は車内でゆっくりとビールでのどを潤います。ガスコンロ使用に際しては、換気に注して使用します。窓の多いキャンピングカーは、カーテンだけで目隠しが出来るのでとっても楽でした。ライトキャブコンの外装からは想像できないほど車内は広々しています。174cmの私が背をかがませないで歩き回れる高さです。そして、なんと言っても山小屋風の室内の作りやインテリアは、他のキャンピングカーとは大いなる違いを感じます。本当の山小屋よりも便利で清潔な室内は、車内にいる意識が薄れます。ベッド展開すると、5人就寝も充分に出来る広さです。今回は2名就寝だったので自宅のベッドよりも熟睡出来る位に安眠が出来ました。

朝食も山小屋(車内)で頂きました

朝食も車内で朝食も車内で

起床後ベッド展開をソファーに戻すのも簡単です。冷蔵庫で保管していた朝食と温かいコーヒーを山小屋で摂りました。いよいよ2日目の出発です。ホテル内には秩父エリアの案内がハンドメイドで作られており、温かみと親切さを感じるホテルです。支配人から出がけに秩父エリアはジオパーク(地質公園)であると教えてもらいました。地中深くにある岩盤が隆起などにより地表に出てきている土地柄であり、次の観光地長瀞のライン下りで体感出来そうです。

長瀞名物ライン下りと寶登山神社へお参り

長瀞ライン下り店舗前長瀞ライン下り店舗前

ライン下りの船頭さんが的確に舵をとりますライン下りの船頭さんが的確に舵をとります

寶登山神社も白い鳥居です寶登山神社も白い鳥居です

寶登山神社の御朱印寶登山神社の御朱印

秩父、長瀞といえば多くの方がライン下りをイメージするのではないかと思います。約30分のライン下りの船に乗り込みます。船頭さんは巧みに浅瀬と岩の間をすり抜けて進めます。途中波が荒い場所ではビニールシートで保護します。船頭さんからも点在する岩盤について説明があり、地質に興味がある方にはわくわくするポイントです。続いて、長瀞にある寶登山神社へお参りします。こちらも鳥居が白く凛々しい印象を受ける神社です。

秩父名物のそばをフォークとナイフで

通りの奥にあるガレットのお店通りの奥にあるガレットのお店

昼食はフォークとナイフでそばを食しました昼食はフォークとナイフでそばを食しました

昼食は名物のそばを食べたのですが、そば粉が入ったガレットを頂きました!ネットで探したお店ですが、通りから奥まった店舗で何度もお店の前を行ったり来たりして見つけました。初めてのガレット体験だったのですが、実はクレープの原型だそうです。中には目玉焼きや色々な野菜とハムが納まっています。そばをフォークとナイフで食べるのは初めてです。ご馳走様!

聖神社と秩父の中心地にある秩父神社に参拝

西武鉄道のCMで出てきた和同開珎モニュメントがある聖神社西武鉄道のCMで出てきた和同開珎モニュメントがある聖神社

秩父三社の締めくくりは秩父神社秩父三社の締めくくりは秩父神社

秩父中心街にあり駅からも徒歩で参拝が出来ます秩父中心街にあり駅からも徒歩で参拝が出来ます

秩父神社と聖神社の御朱印秩父神社と聖神社の御朱印

西武鉄道のテレビCMに出ていた和同開珎のモニュメントがある聖神社をお参りした後に、再び秩父中心街に戻ってきました。目的は秩父三社(秩父神社、三峰神社、寶登山神社)の最後のお参りとなる、秩父神社への参拝です。他の二社に比べて山あいの傾斜地ではなく、フラットな街中の神社なので大きな外観が分かりやすい建物です。秩父三社はどこもパワースポットとして有名です。三峰神社は朝の山並みが見える時間帯のお参りがベストだと聞きました。次回のチャンスがありましたら朝一番でお参りしたいものです。秩父神社でのお参り終了時刻は、13:30です。余裕をもってレンタル店へ帰りたかったので、ここで秩父の旅は終了です。秩父エリアは広大な土地柄で片道50kmの移動が重なります。電車、バスだと同じ時間で半分位しか回れなかったのではないでしょうか。改めてキャンピングカーと秩父エリアの旅には相性抜群だと思いました。

帰路は渋滞なく順調

早めの出発により渋滞はなく、順調に帰る事が出来ました。キャンピングカーのレンタルでは、レンタル最終日に事故が多いと言われているので特に注意しました。運転における慣れは禁物です。燃費は高速道路を多く使って、リッター当り9.1 kmとよい数値の様です。店舗は東神奈川ICの目の前なので、とても便利です。電車でも東神奈川駅から徒歩圏内です。今回の旅で軽快に走るレジストロアウルは広い室内と使い勝手の良い装備を持っていることを改めて知りました。



Rental RV in Japan Go to English Site

レンタルキャンピングカーネットfacebook

キャンピングカースタイル