レンタルキャンピングカーの車両について

キャブコン

キャブコン

トラックなどをベースにキャビン部分を取り付けたタイプ。リビングが広く、常設ベッドを備えているのでキャンピングカーらしいキャンピングカーといえます。

メリット

人数が多くてもくつろげる。
車内で立てる。

デメリット

幅、高さとも大きいので取扱いにより注意が必要

こんな人にお薦め

  • ファミリーでゆったり使いたい。トイレやシャワー、エアコンなどの装備をつけて快適に過ごしたい。

バンコン

バンコン

ハイエースやNV350などのバンを改造してキャンピングカーにしたタイプ。ボディーに手を入れないので比較的製作が容易で走行性能は高い。

メリット

バンサイズのままなので取り回しが楽。

デメリット

室内空間が限られる

こんな人にお薦め

  • 日常の足としても使えるキャンピングカー
  • 子どもがまだ小さいファミリーや夫婦二人旅

※欠点を補うべくポップアップルーフを備えた車種もある

軽キャンパー

軽キャンパー

軽ワゴンや軽トラックをベースにしたキャンピングカー。比較的車輌価格も安く、車体も小さいので手軽にキャンピンがカーが楽しめる。

メリット

ボディが小さいのでどこへでも行ける。

デメリット

室内が狭い。旅行用の荷物も考えないと車内がすぐ一杯になってしまう。

こんな人にお薦め

  • 小さい子どもと一緒にキャンピングカーを楽しみたい。
  • 釣りや一人旅をしたい

軽キャンパーの詳しい説明は「軽キャンパーに乗ってみよう!」をご覧下さい。

バスコン

バスコン

マイクロバスをベースにしたキャンピングカー。長い車体を利用して、真ん中にダイネット、後部をベッドルーム(リビング展開も可)という2ルーム仕様のレイアウトに人気があります。

メリット

走行安定性が高いマイクロバスがベース車両。2ルームでゆったりくつろげる。

デメリット

全長は6m超えるため、駐車場困ることがある。

こんな人にお薦め

  • ときどき親子、孫の3世代の大人数で乗る
  • バスを運転したい

バスコンの詳しい説明は「バスコンのレンタルとは?」をご覧下さい

車中泊車

車中泊車

軽自動車やバンにフラットベッドを展開したり、ミニバンのルーフがポップアップになって就寝スペースを確保するタイプです。車内で眠ることに特化しているため、当サイトではキャンピングカーとは別のアイコンで表示しています。

メリット

レンタル料金が比較的安い

デメリット

キッチンなどの装備がない

こんな人にお薦め

  • とにかく快適に就寝さえできれば良いという方
  • 食事は外で楽しみたいという方

トレーラー

トレーラー

ヘッドの一般車に連結して使うキャンピングトレーラー(トラベルトレーラー)。

メリット

室内が広い。動力部がないので充実した装備のわりに比較的安価

デメリット

運転には慣れが必要。駐車に車2台分のスペースが必要

こんな人にお薦め

  • 滞在型のキャンプが多い人
  • 普段は車を乗用車として使いたい

※総重量750kg以下のトレーラーは牽引免許の必要がありません