輸入キャンピングカーに乗ってみよう

一度は乗ってみたい!憧れの輸入キャンピングカー

輸入キャンピングカー

キャンピングカーの歴史を紐解くと、1800年頃のヨーロッパで大陸を移動する「幌馬車」に居住空間を作ったことが起源だといわれています。その後1900年代に現在のキャンピングカーの原型が誕生するのですが、現代においてもキャンピングカーを語る上で外すことができないのが「米国製」「欧州製」のキャンピングカーなのです。

アメリカ製とヨーロッパ製のキャンピングカー

ヨーロッパ製キャンピングカー

輸入キャンピングカーはアメリカ製とヨーロッパ製が主流で、アメリカ製キャンピングカーは国産車に比べて車両も大きく、スケールが違います。ヨーロッパ製のキャンピングカーは洗練されたデザインと動力性能が魅力です。現在国内で販売されている輸入キャンピングカーはヨーロッパ製が多く、レンタルされている車両もヨーロッパ製が多いです。

多くのキャンピングカーユーザーに「一度は乗ってみたい」と思わせる輸入キャンピングカーの魅力をご紹介します。

メリットその1:高級感・スケール感で非日常を味わえる

輸入キャンピングカーはベースとなる車両のサイズも大きく、インテリアも実用的でスタイリッシュ、高級感のある作りの車種が多いです。本場のキャンピングカーは非日常を味わうのに最適なキャンピングカーです。

メリットその2:居住性の高い室内

空間の使い方が贅沢で、ソファーやベッドの広さ、快適さは国産キャンピングカーとはまた違ったくつろぎを感じることができます。ベッドマットが厚く、快適に就寝できる車種が多いのも特徴です。

メリットその3:キャンピングカーのルーツを感じることができる

輸入キャンピングカーを国産車と乗り比べることで、欧米の風土・文化に根付いたキャンピングカーのルーツを感じることができます。国産キャンピングカーの楽しみ方を再発見する良い機会になるかも知れません。

輸入キャンピングカーのレンタルで気をつけておきたいこと

輸入キャンピングカーには全長7m超えや、幅が2.5mに近い車種もあり、価格も高額なのでレンタル料金も高く設定されていることが多いです。運転歴の確認など簡単な貸出審査を行っているレンタル店舗もあります。レンタルする時は事前の確認と車両の取り扱いには十分注意が必要です。

キャンピングカーの神髄を感じてみよう!

ハイマーチャムスエディション

キャンピングカー(モーターホーム)のルーツであり、現在も文化として根付いているヨーロッパとアメリカ。ひと味違った高級感とスケール感、キャンピングカーの神髄をぜひ感じてみてください。「一度は乗ってみたい」をレンタルで叶えてみませんか?

輸入キャンピングカーがレンタルできるショップ