フジロックにキャンピングカーで行ってみた!

こんな使い方

いよいよ夏本番。今回は日本の野外フェスの先駆けであり、日本最大規模の野外音楽イベントであるフジロックフェスティバルにキャンピングカーで取材に行きました。

今回は一人取材の為、CAMP IN CAR 池袋ステーション基地でレンタルしている軽キャンパーのバモス4WDを借りることにしました。軽自動車なので運転もしやすく快適に過ごせました。

金曜日の朝に自宅まで配車してもらい、金曜は会場に比較的近いRVパークで一泊、翌日土曜に会場に向かい、日曜は会場近くでプラム狩り。天気も良くイベントも盛り上がりました。

レンタル初日 東京から伊香保温泉へ

今回フジロックフェスティバルには土曜のみの参加ですが近隣の観光もしたいので金曜から車をレンタルしました。
CAMP IN CAR 池袋ステーション基地では自宅まで車を配車してくれるのでキャンプ道具など荷物がたくさんある場合には大変助かります。

関越自動車道を北上して渋川伊香保ICで高速を降り、今日の宿泊地であるRVパーク ドッグランWANportを目指します。

RVパーク ドッグランWANportは榛名山麓の緑に囲まれたドッグラン&カフェレストランに併設されたRVパークで関越自動車道の各ICからのアクセスもよく、伊香保・草津・水上・四万などの温泉地をはじめ、群馬県内の観光地へ向う拠点としても利用できます。
犬連れのお客様向けの特典として、RVパーク利用時にはドッグランを半額で利用できるのでワンちゃん連れの方にはおすすめです。

ドッグランとカフェレストランも併設
外部電源もあります

受付を済ませて近隣を散策しに向かいます。 車で2分ほどの場所には日本三大うどんの水沢うどん街があります。夕方に到着した為、やってないお店が多い中、営業中のお店を発見して美味しいうどんをいただきました。

お腹を満たした後は、伊香保温泉街へ。 伊香保のシンボルである石段は365段あり、段をはさんでお土産物屋や饅頭屋、遊戯場が並び温泉情緒もたっぷりです。

水沢うどん
伊香保の石段

石段を登り終えた先には温泉と子宝の神・伊香保神社があります。 伊香保神社からさらに奥に進むと伊香保温泉の源泉と伊香保露天風呂があります。

町並みに風情があります
伊香保神社

この源泉から温泉街の中心の石段に湯がひかれています。
シャワーなどはなく、洗い場らしき所は一応ありますが、水しか出ないので掛け湯をしっかりして入ります。
あつ湯とぬる湯の二つに分かれていて、自然の中で源泉の流れる音とひぐらしの鳴き声だけが響き、ゆっくりした時間を過ごしリラックス出来ました。

伊香保露天風呂入口
飲泉所もあります

温泉をあがりRVパークへと戻り併設のカフェで夕食を頂きます。
併設のカフェはメニューも豊富でボリュームもあり美味しかったです。
運転をする必要もないのでお酒を飲んでも大丈夫ですね。
明日に備えて早めに就寝しました。

親切に対応してくださったオーナーの柳澤夫婦

いよいよフジロック会場に

少し早目に起きてフジロック会場の苗場スキー場に向かいます。
再び関越自動車道を走り月夜野ICで高速を降りて下道を走ります。

会場の苗場スキー場近くになるとフジロックに来ているお客さんらしき人たちが沢山歩いてて、テンションもあがってきます。
予約してきた近くの駐車場にキャンピングカーを止めて、準備を済ませ会場へ向かいます。
まずは入場券を引き換え、いよいよ会場内へ。
会場内もすごい人!!さすが日本一のロックフェス。今年は115,000人が来場したということです。 GREEN STAGEやWHITE STAGEはたくさんの人で盛り上がっていました。

WHITE STAGE
GREEN STAGE
Gypsy Avalon

大きなステージ以外でも様々なコンテンツが用意されていてお客さんを楽しませる要素がいっぱい。特にフードコードでは世界各国の様々な料理が堪能できます。フェス飯も楽しみのひとつですね。

誰でも参加できるBUSKER STOP
フードコートでのパントマイム

ちょっと歩き疲れたのでドラゴンドラに乗って天空のステージDAY DREAMINGへ。
標高が高い分涼しくて過ごしやすく、人ごみもなく快適です。

快適なDAY DREAMING
ゴンドラからみたGREEN STAGE

少し暗くなってきたので再びドラゴンドラに乗って下のエリアへ。
夜はライトアップされて幻想的な雰囲気に。
暗くなってもまだまだ盛り上がっています。

RED MARQUEE
FIELD OF HEAVEN
通路もライトアップされます
ミニ遊園地も設置されてました

観たいアーティストも観れて大満足の一日でした。
歩き疲れてクタクタだったので駐車場に戻りそのままキャンピングカーで宿泊です。

最終日はプラム狩りへ

昨日はお風呂に入れなかったので朝風呂へ。
フジロックの期間中、周辺の入浴施設は通常より時間を延長してるところが多いのですが終演後は混雑しているところも多いので朝など空いてる時間に行くのがおすすめです。

日帰り温泉
朝定食を食べれるお店もあります

朝ごはんを食べたら昨日撮った写真を編集作業をします。
机も設置出来て、ソーラーパネルも装備してるので電源の心配もありません。

水道もついています
机を使えば作業も出来ます
電源
DVDプレイヤー

一足お先に会場を後にして月夜野インターの近くにあるプラムの国へ。
プラム刈りを楽しみます。

このプラムの国はプラム狩りだけでなくB級スポットとしても有名で、地下に手作りのお化け屋敷があるんです。
これが手作りならではの怖さがあって不思議な空間になってます。
気になる方は是非直接行って確かめてください。

フジロックにキャンピングカーで行った感想

運転

軽自動車なので運転が心配な方でも安心して運転できると思います。
会場付近は混雑しているのですが問題なく運転できました。

居住性

ベースが軽自動車なので小さいのですが一人で取材旅行などに使うのには十分だと思いました。電源もあり水道も使えるので電気ポットを持っていけば色々と便利そうです。宿泊場所の心配もありません。

総評

今回、会場内の駐車場で様々なキャンピングカーを目にしました。
フジロックはとにかく会場が広いのでキャンプサイトに戻るのも一苦労。
場内駐車場にキャンピングカーを止めればかなり便利で快適に過ごすことが出来るのではと思いました。

またキャンピングカーでしっかりキャンプ生活を楽しみたい場合は、MOON CARAVANというオートキャンプ専用のキャンプスペースもあるのでこちらを利用するのもよいと思います。
今回は軽キャンパーでの参加でしたが仲間と一緒に大きめのキャンピングカーをレンタルして参加するのも楽しそうだと思いました。

こんな使い方