九州レンタルキャンピングカー

インタビュー

福岡県柳川市
九州レンタルキャンピングカー

運営会社:カーショップスリーセブン
代表 古賀 広明

日本RV協会加盟でMOCシリーズ、SUPER WINGなど軽キャンパーの製造販売をおこなうカーショップスリーセブンが運営する九州レンタルキャンピングカー。

福岡県柳川市のショップに訪問してお話をうかがいました。

九州エリアの中心からキャンピングカーの楽しさを発信!

キャンピングカーのレンタルを始めたきっかけを教えてください。

まだ小さかった頃、バスコンのキャンピングカーを借りて1泊2日の旅行をした時の思い出がずっと心に残っていて、せっかく車屋をやっているのだからいつかはキャンピングカーを取扱いたいと思っていました。2009年にキャンピングカーのレンタルを本格的に始めた時はお店を知っている人も少なく、どうすればいいのだろうかと悩むこともありましたが、あのキャンピングカーの旅で自分が味わった感動を、ぜひお客様にも味わってほしいと思いながら続けてきました。

人気の「スリーセブン号」
ひろびろ車内の「クロス号」

現在の車種や装備はどのように決めましたか?。

レンタルされるお客様は、初めてキャンピングカーを運転する方や、大きな車の運転に慣れていない方がほとんどです。ですから当店では7人乗りと6人乗りの2タイプを新車下ろしで用意して、女性にも気軽に使っていただけるよう車種を決定しました。また装備については、とにかく気持ちよく使っていただこうと基本的な装備をいつもきれいな状態にしています。また2015年5月にレンタル開始した「クロス号」は車載用蓄電システム搭載で、家庭用エアコンを装備しています。これで夏冬のお出かけも快適です。

テレビは全車種に搭載
家庭用エアコン搭載の「クロス号」

貴社の特徴をお話ください。

自社のオリジナルの軽キャンパー、MOCシリーズなどキャンピングカーの製造販売をおこなっているので、整備工場も完備、いつでも万全な状態で安心してレンタルいただけます。レンタルされる方へお出かけ先の提案として九州をはじめ全国各地の観光名所のパンフレットを取り寄せて店内に設置しています。あとはレンタルしていただいたお子様に、思い出の絵を描いてもらっていることも特徴ですね。こちらの絵は秋に福岡マリンメッセで開催する「福岡キャンピングカー&アウトドアショー2015」で展示する予定です。

観光名所のパンフレットがずらり
子どもたちの楽しい思い出を展示

貴社のレンタルで注意している点をお話し下さい。

もちろん車内清掃ですね。これまで数千台の中古車仕上げをしてきた熟練のスタッフがいつもピカピカの状態で貸し出せるよう作業しています。それと同時に安全面でタイヤの早期交換を行ったり、足回りを強化してローリングを抑えて操作性をアップしたりして、事故がない様に貸し出す前の車両点検はかなり慎重におこなっています。

レンタルされる方はどのような方が多くて、どの位の期間借りていますか?

中心は当社のターゲットでもある30代前後のご家族で、2泊3日の割合が一番多いですね。たまに1週間以上のレンタルをされる方もいらっしゃいますが、割合的には全体の10%くらいでしょうか。またお住まいは福岡およびその周辺の方以外に、東京や神奈川など首都圏のお客様が多いです。

レンタルで面白い使い方をされた方はいらっしゃいますか?

50代半ばの男性6名、1泊2日でご利用いただいたお客様が印象的でした。学生時代からの友人の集まりで、全員で車中泊を楽しんで来られたようです。なんだか男臭くて(ニオイじゃないですよ!(笑))、いつまでも少年の心を持ったみなさんの姿を見て、私まで楽しい気分になりました。

これからキャンピングカーを使いたいという方へアドバイスをお願いします。

今はRVパークなど車中泊ができる施設がたくさんあります。事前にどこに行くか、お風呂、観光地、駐車場、宿泊場所を決めて出発すると、きっと良い思い出ができます。私たちがおすすめの場所をご紹介しますので、ぜひお店までお越しください。

この看板が目印です
店内でゆっくりお話しできます

今後の展開についてお聞かせください。

これからレンタルの台数を増やして、多くの皆様に楽しいキャンピングカーライフを提供できるよう頑張ります。ペット同乗OKの車両も加えていきたいです。キャンピングカーを通じて家族の絆を深めるお手伝いを、これからも精一杯やりたいと思います。

インタビュー後記

九州自動車道みやま柳川インターから10分ほどの好立地で、アットホームな雰囲気が素敵なショップでした。九州を一周や、本州に向けての旅行で借りるにはちょうど良い場所で、福岡空港、佐賀空港までキャンピングカーを配送してもらえるサービスもうれしいです。家族で九州旅行、計画してみるのもいいですね。

インタビュー